LOG IN

食事量を減らせば痩せるのか

by ちー

こんにちは!ちーです。

ダイエットといえば、摂取カロリーを減らすとか食べる量を減らすとかそういう発想になりがちだと思います。

タイトルに書いた「食事を減らせば痩せるのか」に対する答えとしては、

短期的にはYES、長期的にはNOだと思います。

確かに、食事の量を減らせば、短期間で体重は落ちやすいです。
しかし、食事制限によって減ったのは脂肪ではなく水分や筋肉であることがほとんどだそうです。

さらに、食事制限は、長期的に考えると痩せにくい身体を作ってしまうきっかけになりえます

ポイントは「基礎代謝」です。

基礎代謝(きそたいしゃ、英Basal metabolism)とは、何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)行われている活動で必要なエネルギーのこと。相当するエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、一日に女性で約1,200、男性で約1,500キロカロリー(kcal)とされている。
消費量は大人の場合肝臓が27%、が19%、筋肉(骨格筋)が18%で、この3器官のみで6割以上を占める。
Wikipedia

この基礎代謝が落ちてしまうと、エネルギーが消費されにくくなるため、いくら食事を減らしても痩せにくい身体になります。

また、基礎代謝は18%が筋肉により消費されています。

ということは、筋肉量が落ちて身体に占める筋肉の割合が減ると、代謝が落ちます。

筋肉が減る要因は、運動不足はもちろんですが、食事制限も要因となります。

筋肉は、何からできているでしょうか?

たんぱく質と脂質です。
たんぱく質は、筋肉・皮膚・髪の毛・臓器などを構成するための材料となり、脂質がその構成を手助けしています。

食事の量を減らすと、必然的にたんぱく質と脂質の摂取量も減ってしまいます。

食事を減らす→たんぱく質と脂質の摂取量が減る→筋肉量が減る→代謝が落ちる→エネルギー消費量が減る→痩せにくくなる

というメカニズムです。

食事を減らすだけでは、筋肉の量が増えず、逆に代謝が下がっていくので、体重が減っても痩せにくい身体になってしまったという風になります。

私もこれは経験としてあって、1年前に食事量を減らすことで痩せたのですが、リバウンドしました。
今も、食事に気をつけているものの、1年前よりも痩せにくくなっているという実感があります。

ですので、結論としては、

「痩せるための食事はどのくらい減らすかではなく何を選ぶかが重要!」

ということです。

食事の選び方については、また別の記事で書きたいと思います。


ちー
OTHER SNAPS